佐々木俊尚

【PR】EF Englishtownの動画教材は、まるで登場人物と会話してるみたい

2015.03.27

 前回に引き続いて、EF Englishtownで英語の勉強を再開してみたお話です。

 やりこんでみるとわかるんですが、非常にメソッドがうまくできています。自己学習では、1分30秒ぐらいの動画が教材になっていて、この動画をくり返しくり返し観ることになる。ただ何度も再生するだけでは飽きてしまうので、飽きないように工夫が凝らされています。まずは重要な言い回しや単語の意味が再生に従って字幕コメントふうに右側に表示され、それを観ながら動画の発音が確認できます。

1.png


 また、動画の中に出てくる英単語のビジュアルと音声をマッチさせるクイズとか、文例の空欄にテキストを埋め込むクイズとか、いろんなパターンでくり返し、くり返し、何度も英語の言い回しを覚えさせられる。気がつけばさまざまな言い回しが、頭の中に叩き込まれるようなしくみになっているということなのでしょう。

2.png

3.png

 動画に関連する音声が流れ、そこで話されている内容についての質問が次々繰り出されて、それに答えていくというクイズもある。これ、けっこうついていくのがたいへんですね。

4.png

 中でも興味深いのは、自己学習教材なのに、まるで動画の登場人物と会話するようなことができるこれ。「あなたは友達と話をしています。 音声を聞いて、正しい返答を録音してください。 空欄にあなた自身についての正しい情報を入力してください」という指示が出て、動画の登場人物がこちらに向かって話しかけてきます。彼の質問にどう答えるのか?という選択肢が右に表示されて、その中から適切なものを実際に自分の声で発音し、マイクに入力する。正しければ先に進むというしくみ。

5.png

 自己学習教材にとりくんでいると、突然アラートが出て「ライブゲームへようこそ!」というのも。いまちょうどオンラインでつながっている他の受講生と一緒に、ちょっとした単語クイズに挑戦するというたわいないものですが、こうやって生徒をいかに飽きさせないで続けさせるかという点に、あらゆる工夫がこなされているのにはかなり感心しました。

6.png

7.png

 自己教材がひととおり進むと、グループレッスンにも参加できるように。こういう画面で、予約なしで入れます。Skype英会話と違って、教材を表示する画面があり、テキストのチャットも可能で、音声・教材・チャットを同時並行して使えるのが面白いですね。

8.png

 実際に参加してみました。一緒に参加してる生徒の皆さんはラテン風の名前が多いですね。中南米の人たちなんでしょうか。グローバルに展開しているラーニングシステムならではですね。たいへん興味深い体験でした。

 ブログ読んでる方向けに、7日間無料体験もあるそうです。ご興味のある方はお試しを。


PR_green_CTA_banners2.jpg